医療機関を受診しても改善されない以上、自分でできる治療方法を探し、それを実践するしかありません。

永続的に医師の適切な治療を受け続けたこと

永続的に医師の適切な治療を受け続けたこと

自分でできる治療方法として

永続的に医師の適切な治療を受け続けたこと
半年以上も尾てい骨の痛みに悩まされている私は、インターネットを使って、片っ端から改善される方法を探しまくってきました。整形外科を受診したにもかかわらず、長時間のデスクワークが痛みの原因だから、クッションを工夫するようにと言われ、痛み止めと塗り薬が処方されただけでした。骨が折れているわけではないということが分かったのは一安心でしたが、痛みがとれたわけではないので、何とも腑に落ちない気持ちも抱いています。けれど、その反面、おそらく整形外科を受診してもこの程度でしかないのだろうなという、あきらめの気持ちもあります。

そこで、自分で何とか改善できる治療方法はないかと探した末にたどり着いたのが、体を温める方法と爪もみという方法です。どちらも免疫力をあげるために効果的な方法で、悪いところをピンポイントに治すのではなく、体全体の免疫力をアップさせ、細胞を活性化させることで痛みを撃退するという考え方です。どちらも医師によって編み出された方法ですので、これを最低でも三か月は続けようと思っています。幸い、体を温めるにはカイロや電気あんかを使う必要がありますが、これから寒くなる季節ですので、ちょうどいいと思います。

注目の医療についての話はユーザーが多いこのサイトがお勧め。。

Copyright (C)2017永続的に医師の適切な治療を受け続けたこと.All rights reserved.